20000円以上 送料無料

  • 大島紬ケース 渾身の一品

  • 熟練した職人たちが6ヶ月以上かけて作り上げる
  • 1300年の蓄積された匠の技術

  • 熟練の匠たちが6ヶ月以上の月日をかけて織りなす
  • 洗練された品格

  • 職人たちのハンドメイド
  • MADE IN JAPAN

  • 全てハンドメイドの品々
  • 大島紬と最高級イタリア製牛革のコラボ

大島紬ケース 渾身の一品

熟練した職人たちが6ヶ月以上かけて作り上げる

1300年の蓄積された匠の技術

熟練の匠たちが6ヶ月以上の月日をかけて織りなす

洗練された品格

職人たちのハンドメイド

MADE IN JAPAN

全てハンドメイドの品々

大島紬と最高級イタリア製牛革のコラボ

世界最高峰シルクから生まれた

1300年の伝統芸で職人たちが6か月から1年をかけ織り上げた伝統シルクにイタリア製牛革とのコラボレーションで作り上げたオールハンドメイドの別格の一品

名刺入れ

  • 大島紬 名刺入れ ブルー(伝統柄)
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥36,000
    販売価格
    ¥36,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 大島紬 名刺入れ ブラウン(伝統柄)
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥36,000
    販売価格
    ¥36,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 大島紬 名刺入れ(伝統柄) ブラック
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥36,000
    販売価格
    ¥36,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ

スマホケース

  • 大島紬スマホケース(伝統柄) レッド
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥37,000
    販売価格
    ¥37,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • スマホケース ダークブルー
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥37,000
    販売価格
    ¥37,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • スマホケース ブルー
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥28,000
    販売価格
    ¥28,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 大島紬スマホケース ブラウン
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥28,000
    販売価格
    ¥28,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 大島紬スマホケース  ブラック(伝統柄)
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥28,000
    販売価格
    ¥28,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ

ストール

  • ストール
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥54,000
    販売価格
    ¥54,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • ストール
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥54,000
    販売価格
    ¥54,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • ストール
    販売元
    SILK-OSHIMA
    通常価格
    ¥0
    販売価格
    ¥0
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ

大島紬

大島紬とはー世界三大織物のひとつ

大島紬製造工程

図案製作(Design)

Creating a graph of the pattern

デザインされた原図を方眼紙などに書き写し種別、糸密度などに合わせて図案を作る工程

大島紬 図案

糸繰り、整経(Filature,Thread Alignment)

図案に合わせて絹糸の長さと本数をそろえる工程

糊張り(Starching)

そろえた絹糸に鍋で煮たイギスという海藻からできた海苔を塗り天日で乾燥させ固める工程

大島紬 締機

綿加工(Binding)

 締め機を使い複雑で細かなかすり模様を作る大島紬独特の作業で、図案に合わせて絹糸の絣部分を構成するために木綿糸で織占めてかすり部分を作る工程

テーチ木染め(Teichigi [Yeddo Hawthorn] Dyeing)

テーチ木をチップにして窯で煎じた液で絹糸を染める工程で、何度もその工程を繰り返すと絹糸は赤茶色に染まる。

大島紬 泥染め

泥染め(Mud Dyeing)

テーチ木染めした絹糸を泥田で染める作業工程。泥に含まれる鉄分とテーチ木のタンニンが反応し絹糸が赤茶色から徐々に深い黒褐色に変わっていく。

加工(Processing)

織り手に絹糸を渡す前に最終的に糸の整理と準備をする工程。

染めたかすりむしろの木綿糸をすべて取り除き一本一本の糸の状態にして図案の通りに並べる。

製織(Weaving)

管に巻き取った横糸をひに通してたかわたで織り上げる工程。

7㎝折るごとに針で縦かすり糸を緩め、針で縦かすり糸を一本一本調整し縦横のかすりを正確に合わせていく高度な熟練技と根気のいる作業。

大島紬 検査

検査(Inspection)

お織り上げられた紬を専門家が24項目にわたる基準を満たしているか厳密にチェックされる工程。

この工程を経てはじめて本場奄美大島紬と認定される。